部分入れ歯の種類|千葉県総入れ歯・部分入れ歯相談センターへご相談ください

  • HOME
  • >
  • 部分入れ歯の種類

部分入れ歯の種類

▲下線部をクリックすると、各項目までジャンプします。

金属バネ付き入れ歯(保険適用)

金属のバネを残っている歯に引っかけて固定するタイプの入れ歯です。
保険が適用されるため安価で作製できますが、金属のバネが目立ちます。
また、基本的にプラスティックでできているため、 強度にも問題があります。

ノンクラスプ(保険適用外)

金属のバネのない入れ歯で、審美性にとても優れています。
また、スーパーポリアミドというナイロン系の弾力性に優れた素材でできています。そのため薄くて軽く、破折に対する心配はほとんどありません。

磁石式入れ歯(保険適用外)

残っている歯に磁性金属が埋め込まれた金属を取り付け、入れ歯側に取り付けた磁石とで固定する方法です。
強力な磁石を使用しているので、ズレたり外れるといった入れ歯の悩みを軽減することができます。
シンプルな構造なので、お手入れも簡単にできます。

コーヌス義歯(保険適用外)

土台となる歯と入れ歯にそれぞれ合った金属を取り付け、茶筒のふたのように固定する入れ歯です。
精密に作製されているため、安定性が非常に優れています。