保険の利く入れ歯と利かない入れ歯の違い|千葉県総入れ歯・部分入れ歯相談センターへご相談ください

  • HOME
  • >
  • 保険の利く入れ歯と利かない入れ歯の違い

保険の利く入れ歯と利かない入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用されるもの(保険診療)と保険が適用されないもの(自費診療)があります。以下、各項目で比較していますので、選択する際の参考にしてください。

保険入れ歯と保険適用外入れ歯の比較表

 

保険適用

保険適用外(自費診療)

人工歯の色・形の種類

少ない

バリエーションが豊富で、天然歯に近い形状を実現できる

床の種類

少ない
多い

固定方法

簡単な方法のみ
様々な方法から選択可能

装着時の感覚

違和感を感じる場合がある 違和感がほとんどない

強度

少し劣る 優れている

かみ心地

食事によっては食べにくい物がある

より良くかめる

金額

保険て適用されるため

比較的安価

保険が適用されないため

比較的高価

自費診療が選ばれる理由

このように、保険適用外である自費の入れ歯はほとんどの項目で優れています。
 
ただし、保険適用の入れ歯が悪いということではありません。
保険適用の入れ歯でも、十分満足されている方は当然いらっしゃいます。
しかし、保険が適用される入れ歯は、使う材料や治療方法に制限がありますので、すべての方が満足されるわけではありません。
 
一方、自費の入れ歯は、より精密な型取りや表情に合わせた設計など、高い技術力・手間・時間を要し、歯科医師と歯科技工士が連携して作製します。
そのため、自費の入れ歯を選択される方が増えているのです。
 
ドクターとご相談のうえ、ご自身に合った診療方法を選択してください。