総入れ歯の種類|千葉県総入れ歯・部分入れ歯相談センターへご相談ください

  • HOME
  • >
  • 総入れ歯の種類

総入れ歯の種類

▲下線部をクリックすると、各項目までジャンプします。

レジン床入れ歯(保険適用)

レジン床入れ歯は、プラスティックでできているため、軽量で加工や調整がしやすいのが特徴です。
そのため、変形や破折がしやすく、壊れやすい作りになっています。
また、強度を補うため厚めに作られており、熱の伝導性が悪く、冷たい物や暖かい物を感じにくい入れ歯です。
保険が適用されるので、安価で作製が可能です。

金属床入れ歯(保険適用外)

「床」とよばれる歯ぐきに接する部分が金属でできている入れ歯です。
金属の種類は、ゴールドやコバルトクローム合金、チタン合金などがあります。
金属の強度を活かし、「床」の部分がレジンと比べて薄く作られています。
そのため、食べ物の温かさや冷たさを感じることができ、食事も楽しむことができます。

磁石式入れ歯(保険適用外)

残っている歯に磁性金属が埋め込まれた金属を取り付け、入れ歯側に取り付けた磁石とで固定する方法です。
強力な磁石を使用しているので、ズレたり外れるといった入れ歯の悩みを軽減することができます。
シンプルな構造なので、お手入れも簡単にできます。

コンフォート入れ歯(保険適用外)

歯ぐきに接する部分を、生体用シリコーンというクッション素材で覆った入れ歯です。
この生体用シリコーンの弾性により、噛みしめた時の歯ぐきにかかる負担をやわらげ、痛みを軽減しています。
また、吸着力にも優れており、ズレにくく外れにくいのも特徴です。

味がわかるデンチャー(保険適用外)

「床」の部分が、特殊に加工されたメッシュ状の金属でできた入れ歯です。
唾液を通すため、味や熱を感じることができます。
現在使用中の入れ歯を、このタイプに置き換えることも可能です。

インプラントオーバーデンチャー(保険適用外)

2~4本のインプラントを埋入して土台とし、入れ歯を装着する方法です。
インプラントオーバーデンチャーにはいくつか種類があります。
ボールタイプとよばれる、ホックで留める様に入れ歯とインプラントを連結させて固定させる方法と、バータイプとよばれる、埋入したインプラント同士をバーで連結し、入れ歯側に埋め込まれたクリップで固定する方法が代表的です。
(※画像はバータイプです。)